WFMやWVRシリーズの後部AESオーディオ出力は、加工処理されていますか?

Question:

WFMやWVRシリーズの後部AESオーディオ出力は、加工処理されていますか?

Answer:

後部AES出力はエンベッデッド・オーディオ入力、ドルビー入力、 AES入力からAESを生成するように設定できます。

AES出力がAES入力をそのまま出力するように設定されたときは、アクティブ・ループスルーとして動作します。このモードではAESデータは変えられません、しかし一部の電気的な特性は正確には複製されないので、真のループスルーではありません。

要約すると、AESからそのまま出力するように設定されたモードのとき、AES出力は選択された入力の変更されないコピーですが、厳密には同じ信号ではありません。

AES出力が別の入力(エンベッデッド・オーディオ、ドルビーなど)からAESバージョンになるように設定されたとき、それは出力形式に合うように機器によって作成されます。

This FAQ Applies to:

Product Series: WVR7000/6000, WVR7000/6000, WVR7000/6000

Product: WVR7100, WVR6100, WFM6100, WFM7000, WFM7100, WFM7020, WFM7120, WVR7120, WVR7020, WVR6020

FAQ ID : 68946

View all FAQs »
Downloads
Download

Download Manuals, Datasheets, Software and more:

Go to top